し ろ の 暮 ら し

日々の足したり、引いたりをぽつりぽつり。

もてなしの掃除

 

断捨離を始める前、掃除というのは「体裁を繕うため」のものでした。

何せ汚部屋状態だったので人を招き入れるにはまず片付けや掃除をしなくてはいけなかったのです。

 

そしてつい最近まで、掃除というのは「自分が心地よく過ごすため」のものでした。

スッキリと気分はいいのだけど、突き詰めるとどこか虚しい。大きなお城に独りで住んでいるような気分。

 

今日は義母が我が家へやって来ます。義母のお誕生日会なのです。

昨晩子どもが寝たあと一人静かに玄関の拭き掃除をしていました。土間もウエスでしっかり拭き上げてピカピカ。まず目に触れないであろうところも、しっかりと。

自分の格好を良く見せるためではなく、大切な日を気持ち良く過ごして欲しい気持ちひとつで。

 

誰かのための「もてなしの掃除」は力は抜けているのに手際はよく。

心がほんのり温かくて、手の動きも自然と穏やかに優しく丁寧になります。

何て心地いいのでしょう。

 

お掃除って何なのでしょうね。最近よく考えます。

 

さて、お料理の準備に取りかからねば。

楽しいお誕生日会になりますように^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ