読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

し ろ の 暮 ら し

日々の足したり、引いたりをぽつりぽつり。

断捨離と母

断捨離

 

昨日は母の日でしたね。我が家の母の日の様子は、昨日のブログに書かせて頂きました。やはり2歳児からは何もありませんでしたが(そりゃそうだ)、眠る前にいつも通り「絵本よんで〜」とお願いされ、私の膝の上で絵本を読みました。

何気ない日常を自宅で過ごせる幸せ。2歳児からのプレゼントはこれだね^^と感謝。

 

私から実家の母・夫の母へは、それぞれの好みそうなものをプレゼント。二人とも喜んでくれてよかった^^

 

しかし・・実家の母がお礼の電話を架けてくれたときのこと。

母「あなたまだ断捨離しているの?」

私「うん。今は台所を見直しているよ」

母「何か捨てるの?」

私「圧力鍋とか、使っていない鍋をいくつか手放そうと思っているんだけど」

母「圧力鍋なんて捨てちゃダメだよ!圧力鍋は魚の骨まで柔らかくなるし、時間を掛け無くても角煮もトロトロになるし!もったいないでしょ!」

私「うん・・・」

 

母は物を買うのが大好き。そして決して手放さない。母が趣味で集めた食器やら雑貨やらは年々増え続け、ウォークインクローゼットが丸々一つ使用不能になるくらい物が天井まで(!)山積みになっています。服も数十年分をキープ、こちらも増え続けています。

 

実は来月、数年ぶりに実家へ帰省することになっています。

何か片付けの手伝いが出来ればと思ったのですが、母は「片付けない。必要ない」の一点張り。本人の持ち物の取捨は本人が決めればいいと思うのですが、物疲れしている母が見ていられず、ついお節介で「手伝おうか?」と一声掛けてしまいます。

 

「親の片付け」って難しいですね。本人の意思ありきなので、私が勝手に進めるわけにはいかないですし・・。

本を読んだり、皆さんのブログで勉強させて頂こうと思います。

 

 

一晩ずーっと考えたのですが、やはり圧力鍋は手放そうと思います。自分のおうちのことだから、自分が大切にしたいものを尊重しよう^^

いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ