読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

し ろ の 暮 ら し

日々の足したり、引いたりをぽつりぽつり。

筍でお夕飯 と「いつまでも、どこまでも」

f:id:sirotasan:20170410191352j:plain

今日のお夕飯。昨晩アク抜きをしておいた筍で、筍ご飯。一緒に炊いた油揚げは米粒よりも小さく刻んでさりげなく。昨年よりも美味しく炊きあがって嬉しい^^

 

f:id:sirotasan:20170410191521j:plain

こちらは筍と豚肉の甘酢あん炒め。ちょうど昨年の今頃作ったのが忘れられず、今年も作りました。パプリカ、ベビーコーンと共に。ん、満喫しました。

その他は焼き茄子や常備菜の残り、味噌汁などなど。

3歳の娘は筍ご飯が気に入った様子でした。まだ残っているので、明日の昼食で筍おにぎりにしようかな。残りの筍はお澄ましで頂こうと思います。

ご馳走さまでした^^

 

 

 

真か否か。3歳頃になると母親のお腹の中の記憶(胎内記憶)を言えるようになる、と聞いた私は興味シンシンで娘に訊ねてみました。

 

 私「お母さんのお腹の中にいたこと覚えてる?」

 

 娘「うん!おかあさんのおなかはブニョってしてる」

 

 私 「・・・」

 (それは今現在のお腹の外側のことでは・・)

 

 

すると娘がポツリ。

 

 

娘「おかあさんは、いつまでも、どこまでもいけるよ。おたんじょうび、おめでとう!」

  

まったく何のことやら?

どこで見聞きした言葉なのか?

そもそも誕生日でもないし・・。

  

ですが、

「おかあさんは、いつまでも、どこまでもいけるよ」

この言葉に何だか、どんと背中を押してもらったような気持ちになりました。

 

ありがとう。

母はその言葉を胸に刻んで、いつまでも、どこまでもいってみるね。

 

 

こちら明日の最高気温が10度だそうです。おまけに雨・・。

皆さまポカポカでお過ごし下さい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ